クレカ現金化について考える

クレカ現金化について考える

ネット社会が広く認知されるようになり、今では抵抗感無く利用できるWebサイトですが、一昔前はSEOと呼ばれる手段を利用して故意的に露出させたいページに対策をし、検索する側にとって有益とは言えない情報を流したり、詐欺サイトに流入させるなどの手口が当たり前に行われていた時代がありました。

 

今では、こうして簡単に操作されないようにgoogleが中身の無いサイトを見極める「パンダアップデート」と、故意に誘導されるリンクを見極める「ペンギンアップデート」と呼ばれる技術で悪い情報を提供しようとしている者たちの締め出しを行っています。

 

しかし、クレカ現金化について検索をしますとクレカ会社や公的機関の注意喚起用特設ページ、これらに交じって業者のページが出ますが、基本的にそのような業者の情報はどこも変わり映えしませんので故意的に表示させているようです。

 

クレカ現金化を根絶するには

 

かと言って、肝心の警報サイトが情報を更新されておらず、毎月定期的に情報が確認出来るのは国民生活センターの相談件数が発表されているくらいであり、お世辞にも真新しい情報が発信されているとは言えません。

 

逆に、比較サイトと呼ばれるページの更新頻度も高く、メリットからデメリットまで幅広い情報を取り扱っておりますので、きちんと構築された比較サイトは上位表示されている印象です。

 

クレジットカード現金化の比較

 

公的機関が解説する特設ページにおきまして、2015年時点で確認される最終更新年度はなんと2013年であり、言うだけで何も動いていないのが行政機関らしい・・・まずはここから積極的に行動しなければ、今後も運営は続けられることでしょう。

 

特にその手段はこれまでの媒介物以外にも、時代の変化とともに生まれた価値観を持つ商品が誕生しており、特に目覚ましい電子プリペイドカード関連の取り扱いを業とするベンチャー企業が増えています。

 

利用者が利用しなければ根絶する

 

今もなお運営されているということは、既に利用者が居る事を示します。

 

だれも申込みをしなければ、そこにビジネスチャンスを図る事が出来ませんので、手を出したとしてもすぐに潰れるだけです。

 

クレカ現金化業者の数は、こうした影響が非常に大きいのか露出の少ないお店については、サイトを閲覧しても404表示になるように、新店も老舗も廃業に追い込まれている様子が見て取れます。

 

既に顧客リストに挙がっている方も、比較検討中の方も申込みをピタッと辞めることが出来れば、この商法の需要が無くなり業界を潰すことが出来ます。