クレジットカード現金化について考える

クレジットカード現金化について考える

ネット社会が広く認知されるようになり、今では抵抗感無く利用できるWebサイトですが、一昔前はSEOと呼ばれる手段を利用して故意的に露出させたいページに対策をし、検索する側にとって有益とは言えない情報を流したり、詐欺サイトに流入させるなどの手口が当たり前に行われていた時代がありました。

 

今では、こうして簡単に操作されないようにgoogleが中身の無いサイトを見極める「パンダアップデート」と、故意に誘導されるリンクを見極める「ペンギンアップデート」と呼ばれる技術で悪い情報を提供しようとしている者たちの締め出しを行っています。

 

しかし、クレジットカード現金化について検索をしますとクレジットカード会社や公的機関の注意喚起用特設ページ、これらに交じって業者のページが出ますが、基本的にそのような業者の情報はどこも変わり映えしませんので故意的に表示させているようです。

 

クレジットカード現金化を根絶するには

 

かと言って、肝心の警報サイトが情報を更新されておらず、毎月定期的に情報が確認出来るのは国民生活センターの相談件数が発表されているくらいであり、お世辞にも真新しい情報が発信されているとは言えません。

 

逆に、比較サイトと呼ばれるページの更新頻度も高く、メリットからデメリットまで幅広い情報を取り扱っておりますので、きちんと構築された比較サイトは上位表示されている印象です。

 

公的機関が解説する特設ページにおきまして、2015年時点で確認される最終更新年度はなんと2013年であり、言うだけで何も動いていないのが行政機関らしい・・・まずはここから積極的に行動しなければ、今後も運営は続けられることでしょう。

 

特にその手段はこれまでの媒介物以外にも、時代の変化とともに生まれた価値観を持つ商品が誕生しており、特に目覚ましい電子プリペイドカード関連の取り扱いを業とするベンチャー企業が増えています。

 

利用者が利用しなければ根絶する

 

今もなお運営されているということは、既に利用者が居る事を示します。

 

だれも申込みをしなければ、そこにビジネスチャンスを図る事が出来ませんので、手を出したとしてもすぐに潰れるだけです。

 

クレジットカード現金化業者の数は、こうした影響が非常に大きいのか露出の少ないお店については、サイトを閲覧しても404表示になるように、新店も老舗も廃業に追い込まれている様子が見て取れます。

 

既に顧客リストに挙がっている方も、比較検討中の方も申込みをピタッと辞めることが出来れば、この商法の需要が無くなり業界を潰すことが出来ます。

 

クレジットカード現金化の利用用途

 

現金で支払えないものって結構世の中にありませんか?

 

例えば私も皆さんも必ず払っているだろう家賃もそうですし、住民税や国民年金に国民健康保険料、友達との遊行費のカンパや飲食店などなど。

 

一昔前よりも、クレジットカード決済を取り扱う店舗は確実に増えたことと思いますが、未だに対応が出来ないサービスや業者もいますが、特に観光地の対応は自治体ベースで整っていない事が多く、これから先の東京オリンピックに向けて外国観光客からの円滑な取引が出来るように、国がもっと働きかけなければ実現が難しい問題であります。

 

特にクレジットカードで払えない項目が続出するのは春先ではないでしょうか?家賃とは言え新生活における初期費用や引っ越し代に、その他細かい出費が重なり結果的にかなりのお金を出費することと思いますが、引っ越しや新生活の準備において家具家電の購入はクレジットカードでは可能ですが、その他の経費は現金決済が大きな割合を占めるはずです。

 

さらには進学したとすれば高額な学費もありますし、奨学金制度も有りますが審査に通らない方もいれば、これだけでは足りませんという方も居るでしょう。

 

現金が手元にあるというのは何とも安心できる事で有り、幾ら有っても困る事はありませんからね。(笑)

 

クレジットカードを所有していても現金が無いという状況では、はたから見ればクレジットカードで何とか凌いだ方が良いよと声を掛けたくなるものですが、実際に自分がそのような状況に置かれた時のことを想像しますと、そう言ってられない精神状況に追い込まれるはずです。

 

特に社会人になってからは避ける事の出来ない住民税は大きいのではないでしょうか?皆さんは送られてきた納付書を年に4回に分割して支払いますか?もしくは1回で支払っていますか?

 

前年度の収入に対して課税されますから、課税されない年が1年間有るわけですが、若かりし頃に貯金をしなかった方はご両親に甘えていたと言う方もいらっしゃるはずです。

 

その他、医療費や交通事故などでの賠償金などもクレジットカードで賄う事は出来ないことや、ギャンブルやその他娯楽費に消費したい・・・など、なかなか人に言えない項目での利用目的にクレジットカード現金化は利用されていると判断できます。

 

クレジットカード現金化の比較情報

 

元々無いお金を生み出し支払いに当てるだけですから、債務を生み出しているとも言えますよね?クレジットカード現金化を使って実行するその用途が本当に適切な使い方なのか、恐らく店員はそのような事を聞いてくるコトも無いでしょうから、自問自答して決断しなければなりません。