クレジットカード現金化の基本的な概要とは

クレジットカード現金化の基本的な概要とは

クレジットカードのショッピング枠を使った換金サービスには、大なり小なり危険が潜んでいます。

 

ショッピング枠を使った換金目的の決済とは、通称クレジットカード現金化と呼ばれていますが、利用した事の無い方がこの文字列を見ても良い印象は抱かないのではないでしょうか?

 

クレジットカード現金化を行う業者とショッピングサイトを使って取引を行って現金を手に入れる方法です。

 

この方法には2種類あり、ひとつは「キャッシュバック方式」といい、購入した商品に高いキャッシュバックが付いていて、商品をカード決済で購入すると同時にキャッシュバックで現金が支払われるタイプで、もうひとつは「買い取り屋方式」といい、商品をカード決済で購入した後、その商品を業者に高く買い取ってもらうタイプです。

 

このふたつを比較すると、キャッシュバックが振り込まれるタイプのほうが手続きとしては簡単です。

 

しかし「キャッシュバック方式」では買い取った商品を受け取らないと後々トラブルに発展することもある点が面倒ともいえます。

 

一方で「買い取り屋方式」は一度買い取った商品をサイトにアップして業者に買い取ってもらうという手間がかかりますが、商品を受け取ることなく現金を手にすることができる点が簡単であるといえます。

 

人によってそれぞれ感じ方は違うようで、一般には「キャッシュバック方式」のほうが人気はあるようです。

 

一見このクレジットカード現金化という方法は利子が少なく簡単に現金を手に入れることのできる方法であると誤解をする人が多いと思いますが、実のところそんなことは全くありません。

 

利子という意味では闇金融のトイチと変わらないくらいの額を負担していることになります。

 

つまり、商品取引に瑕疵が有るお店での換金は、ヤミ金業として見られるということです。

 

一括払いなら問題はないと考える方もいらっしゃるかも知れませんが、そもそも購入した商品の額とカード支払いした額との差額が利子に当たる部分になる為、どのように支払ったかに関わらず利子は負っているのです。

 

賃貸業法の完全施行により闇金融といった業者でも上限が決められ、借りる客も年収の3分の1までという制限が設けられました。

 

しかし、このクレジットカード現金化にはそれが適用されず、限りなく黒に近いグレー商法だということを知っておいていただきたいです。

 

できれば、お金に困ったとしてもこういったクレジットカード現金化には手を出さずになんとか親や知り合いを頼ってなんとかしたいものです。