未成年がクレジットカード現金化を利用すると・・・

未成年がクレジットカード現金化を利用すると・・・

未成年でクレジットカードを持っているという人は少なくないと思います。

 

クレジットカード会社の多くは、クレジットカードの入会条件として高校生を除く18歳以上としています。最近では入会のハードルが低い学生専用のクレジットカードなども登場しており、未成年でも気軽にクレジットカードが作れる時代になりました。

 

未成年がクレジットカードを作る際は保護者の承諾が必要です。これは法律で決められていることなので、保護者の承諾なしにクレジットカードを作ることはどこのクレジットカード会社もやっていません。

 

同じように、未成年は保護者の承諾なしに借金することができません。保護者の承諾があったとしても、消費者金融としては未成年にお金を貸すことはそれだけで貸し倒れのリスクがあるからです。

 

では、未成年で現金を手に入れたい場合どうすればいいか・・・。

 

成年している人で、クレジットカードのショッピング枠があれば、クレジットカード現金化という方法で現金を手に入れることができます。

 

しかし、未成年はクレジットカードを持っていたとしても、クレジットカード現金化を利用することができません。大抵クレジットカード現金化業者に断られます。

 

と、言ったところで利用しようとする未成年もいます。実際に未成年でも断らない胡散臭い業者もいるからです。では、断らない業者でクレジットカード現金化を利用するとどうなるのでしょうか。

 

まず、未成年を断らない業者の手口としては、さもできるように話をしておき、個人情報を聞き出します。その後いざ利用するという段階で連絡がつかなくなるのです。これは個人情報を入手するために行う手口です。手に入れた個人情報をヤミ金などの悪徳金融業者に売りさばき、利益を得るのです。もしくは、その運営母体自体がヤミ金である可能性も否定できません。

 

もう一つの手口としては、そのままヤミ金の利用を促すという手段です。ヤミ金は運営そのものが違法なので、利用者を選ぶ必要がありません。利用したが最後、泥沼にはまっていくことは言うまでもありません。

 

未成年は借金ができないということですが、クレジットカードのショッピング枠が使えるということはクレジットカード会社から借金をしているということと同義です。使った分は必ず支払いをしなければなりません。

 

クレジットカードは安易に利用せずに、しっかりとした支払い計画を助けるものだという認識をした上で、正しい利用を心がけることが必要です。