新たな社会制度が始まること・・・ご存知ですか?

新たな社会制度が始まること・・・ご存知ですか?

ついに!マイナンバー制度が2015年10月から始まります。

 

つまりどういうことかといいますと、国民一人ひとりに一生涯付与される数字の通知が始まるということになります。

 

実際にマイナンバーの利用が開始されるのは2016年1月からとなっておりますが、今後この数字を利用し、社会保障、税、災害対策の行政手続の際に「マイナンバー」が必要となります。

 

その内容は、年金の資格取得や確認・給付、雇用保険の資格取得や確認・給付、生活保護、税務当局に提出する申告書、届出書、調書などへの記載、被災者生活再建支援金の支給など法律に定められた行政手続で使用されるというものです。

 

しかし、このマイナンバー制度導入により私たちの生活にも影響が出ることが考えられており、特に資産状況まで把握されることによってお金に絡んだ事項に煙たがる資産家の方もいらっしゃるようですが、お金の有る方はさておき一番懸念されることが借金の問題です。

 

通常このマイナンバー制度を利用して会社側が個人の借り入れ状況を調べることは出来ませんが、税金の未納や年金の未納状態に関する情報はすぐ国にばれてしまう為、資産の差し押さえが以前よりも簡単に行われる可能性があると言われています。

 

そうなると資産が差し押さえられ、足りない場合給与の差し押さえとなり会社に通知が行く事が予測されますよね?当然あなたは会社から何故給与の差し押さえの通知がいったかを問われることになり、その時に借金があるからなどと答えれば、職を失う可能性もでてくるでしょう。

 

そうなると今現在借金のある方は何かしらの形で金融会社からの借金を減らす方法が必要となってきます。

 

そこで着目したのがショッピング枠を利用したクレジットカード現金化です。

 

これも借金になるのではという印象を持ちますが、それとは少し違います。

 

表向きは購入したものの支払いをしているという形で借り入れができる方法なので、借金扱いとはなりません。

 

どのような方法かというと、業者から指定された商品を購入するとキャッシュバックが貰え、それが結果的に現金を得る事に相当し、それをリボや分割で返済していくという形や、指定された商品をキャッシング枠を利用して落札し、即業者に転売し買い取ってもらうことで換金を達成するといったものがあります。

 

クレジットカードのショッピング枠の上限はクレジットカード会社により異なりますが、大抵の会社の上限は500万円となっています。

 

つまり、500万円までの借金ならショッピング枠へ移動させることができ、表向き借金がないということにすることができます。

 

税金や年金の未納も解消でき、差し押さえのリスクも減らすことができます。