クレカ現金化の支払い方法とは?

クレジットカード現金化の支払い方法とは?

お金を借りるというイメージがどうしても根強いクレジットカード現金化。

 

いつもの買い物と同じ仕組みで取引されるはずなのに、換金した現金を受け取る事が出来ながら、リボや分割払いなども選択できるということは、業者にまた返済する必要が有るのか疑問に感じたことはありませんか?

 

ショッピング枠を利用したことによる翌月の請求内容と、入金された現金を返済しなければならないのか、つまり二重に請求されるのではないだろうか?と勘違いされる方が非常に多いようです。

 

悪徳業者によってはそのような手口を利用する可能性も考えられますが、世間の目が厳しくなる中で淘汰されていますので、「振り込まれない・請求が増えた」というパターンに遭遇されることの方が難しいでしょう。

 

上限金額と申込み金額の関係

 

必要な分だけ換金したいところではありますが、実際に与信枠の残高はお幾らあるか確認されていますか?

 

決済の体裁として「買い物」をする事が前提ですから、残高の範囲を超えた決済は基本的に不可能と考えてください。

 

発行元に問合せをする事で、一時的に増枠を依頼する事が出来ますが、これまでの利用実績を含めて審査が有りますので、全員が増枠できる保証が無い事と、一時的な与信枠の支払い方法は割賦払いの対象外になりますので、目先のお金に目が眩んで選択する事は控えた方が賢明です。

 

申し込みの際には、支払先に必要な金額を入力する事が多いとされていますが、上限金額と支払いの関係性から必要最低限の金額で見積もりを行ってもらった方が有効活用と言えます。

 

先々の事を考えて申込みをする事が重要で、クレジットカード現金化業者の視点から考えますと出来るだけ高額の金額を決済させた方が利益に繋がるロジックですから、「なるべく多く手元に置いておいた方が安心デスよ」なんて下衆な考えで接客する店員に当たっては最悪ですので、利用者としても必要最低限のポイントは抑えなければなりません。

 

言い包められないゾ!っと意識してくださいね。

 

お勧めの支払い方法は一括払いで完結させる事がBESTですが、翌月の支払いがどうしても出来ないという予測が立つのであれば、無理をしないで割賦払いを選択していただきたいのですが、何よりも一番は申込みをしないのが良いですが、そうも言っていられないのが現実ですよね。

 

他人の口コミや体験談が掲載されている事もありますが、よそはよそ、うちはうちのスタンスで悩みと向き合いましょう。