体験談ブログの真実とは?

体験談ブログの真実とは?

「怪しい」を全く否定することが出来ないクレジットカード現金化というサービス。

 

我々消費者は、この類のキーワードで検索して気になったところを見つけ、そして調べ、比較サイトを閲覧して情報を得るしか知識を身に付ける術は有りませんが、中には口コミや体験談の投稿を募っているところや、中には堂々とクレジットカード現金化をしている一利用者と見られる日記まであります。

 

業者ページ特有の、あの商売色が強いギラギラとした言葉が敷き詰められたページを信用するよりも、普通だったら比較サイトの情報を信用しますが、さらにこれが広告報酬目的に運用されている可能性を考えますと、確かに体験談系のサイトの方がより信頼に値する気はしますよね。

 

実はそこに盲点が潜んでいます。

 

業者側はその消費者心理を煽る形で集客する術を探っているからです。

 

つまり、その口コミや体験談を店員が書き込んでいる「ステマ」を信用させようと工作している、悪徳業者が居る事が業界で注意喚起されています。

 

具体的には個人でも法人でも無料で書き込みをすることが出来る、「無料ブログサービス」・「掲示板サイト」・「独自ドメイン・レンタルサーバーで作り上げたブログ」などが、その集客の手口として行われている事を当サイトでは確認をしています。

 

しかも、この集客方法を取る業者には共通事項が有り、全てキャンセル方式の業者でした。

 

仕組みとしては、商材用写真や風景画をネットでコンテンツとして販売し、キャンセルを申請する事で手数料を除いた返金をする業者、実在するコメ農家がAmazonギフト券を決済手段とし、配送前にキャンセルの申し出をすると返金手数料を差し引いた形で現金を振り込みます、というものでした。

 

「よく言うクレジットカード現金化業者とは一線違うんダヨ」と見せる為に、よくある比較サイトなどの広告枠には掲載しないようで、それでもお客さんをかき集める為にステマ活動をしている様子が伺えます。

 

それでもその米を利用しているクレジットカード現金化業者は、一時期ペイパルという決済会社をお米屋さんとして契約していましたが、隠していた実態がバレてAmazonギフト券に移行した経緯もあるように、返金の仕組みが許されているという事もありません。

 

代表者の方のSNSを拝見すると、仲の良い慎ましい家族との日々が公開されていますが、まさかお父さんがクレジットカード現金化が仕事だと知らないと思うと、何とも切ない気持ちになりました。

 

上記例に挙げた業者以外にも、これが真実だ〜として、似たり寄ったりのデザインで量産されている、各業者の批評系サイトも有りますが、実はコチラにも真実が隠されているんです。

 

その中で進められるサイトが決まっているということ・・・一体何を信じるべきか、いや最初から信じる必要が無いんでしょうね。