時効援用って何?難しそう・・・

時効援用って何?難しそう・・・

あまり馴染みが無い言葉ですが、時効援用と呼ばれる債務整理手続きがあります。

 

お金を貸してもらったら返す事が当たり前であり、それが礼儀である事は間違いありません。

 

しかし、法律の中である一定の期間を経過すると、1円だろうが数億円だろうが金額に関わらず返済をする必要がなくなります。

 

借りた人と貸した人を当事者と一括りに考えているのが時効援用についての考え方であり、どちらかが会社の立場で取引していたとすると、時効成立に要する年数は5年間となり、どちらも個人であれば10年という機関が必要になります。

 

そう、その期間が過ぎればあなたの債務は無くなるという理屈ですから、多くの人が貸金業者という会社組織から借りる事になりますので、5年間逃げ続ける事が出来れば晴れて自由の身になる訳です。

 

いやー!自己破産以外にも借金が帳消しになる解決方法があったんですねー!!!

 

なんて思ってしまった方に残念なお知らせをしなければなりません。

 

本来なら裏技があったぞ!と多くの方にバズって欲しかったのですが、世の中はそんなに甘くないようです。

 

この時効が成立する為には、債権者側が持つ権利が放置された状態で5年間を要するという事であり、債権者側から援用、つまり権利の行使による時効の延長手続きやその他訴訟、差し押さえ等、何らかのアクションを起こされてしまっては時効がキッチリ5年間で訪れる事が無いからです。

 

つまり、5年間の間に援用されてしまうと、現実的に時効までの日数が伸びる事になりますので、「自分の中では5年間経過した!やったぜ!」と思い込んでいても、居所がバレて追従されてしまえばジ・エンドでございます。

 

しかも延滞したらした分だけ通常の金利手数料以外にも延滞の手数料が発生しますので、本当に地獄の日々が待ち受けています。

 

このように、幾多の困難を経て事項にたどり着いた強者はごく僅かしかいないでしょう。

 

だいたい貸し手側も自分のお金をそのまま放っておく事が無いでしょうし、特に貸金業者であればこれでご飯を食べている訳です。

 

既に時効援用を狙った利用者への対処方法等、ノウハウも貯まっているでしょうから、素人が専門家に相談せずに時効援用を狙う事は至難の業であることは明白です。

 

俺も時効援用マスターになる!!!っと意気込みを持って債権者から逃げ続けるよりも、ここは潔く債務整理の専門家に相談する事を当サイトではオススメします。