時効援用を目的に夜逃げをしても良い?

時効援用を目的に夜逃げをしても良い?

落とし物を拾った人がその所有権を主張して認められれば、その人の持ち物になってしまうのが世の中の仕組みです。

 

それが本当なのか嘘なのかはさておき、主張し続ける事によって、本来あるべき形が上書きできる事こそが時効の援用(借金の時効)と言う事です。

 

援用とは債務者(借りている側)だけが行使できるものでなく、債権者(貸し手側)も行使する事が出来る法律用語になるのですが、詳しくは専門の比較サイトから抜粋してご紹介しましょう。

 

借金の時効について、法的な名称として消滅時効と言われており、当事者が行使する権利について時効援用と呼びます。

 

落とし物に限らず借金までも時効が存在する事はあまり知られていないのではないでしょうか?

 

よく刑事事件で「発生から何年経過しました、犯人はまだ〜」という特集を見たり聞いたりした経験のある方は多いかと思いますが、債権者も法律で定められた範囲内で取り立て行為をする事は可能です。

 

つまり返済しない相手に対して取り立てという正当な権利の行使をしている事を援用と言い、逆に債務者から見た援用とは返済の請求をされる事の無い状態で借金を返済する意思が無い事を援用と言います。

 

これは通常の貸金業者における取引だけでなく、その他の個人や企業同士でも適用される内容でありますが、貸した側がお金のことを覚えていない事は有りません。

 

ちなみに時効の適用にもルールがあり、債務者または債権者のどちらかが会社組織による取引の場合には5年、個人間の取引であれば10年という期間が民法の中で決められているのです。

 

5年も10年も非常に長い期間です。

 

この事項を狙って債務者が夜逃げしたり、電話や郵便物での催促を無視しているものとしても、相手は援用を行使しているのですから時効の日数が消化される事はありません。

 

その為、債務者当人が時効が成立したもののとしても、実際は全く違う事態になっている事がほとんどです。

 

夜逃げなんてするものではありませんよね。